千と千尋の神隠し【Spirited Away】・ジブリ

Spirited Away

2001年に公開され、日本での興行収入ランキングの1位となる、308億円を上げる大ヒットとなった「千と千尋の神隠し」

改めて一つ一つの項目について宮崎駿監督の言葉などから再度見直してみましょう。

小さな友人のための物語

宮崎駿監督は普段からジブリ関係者の子供たちと親しくしており、彼らの事を「小さな友人」と呼んでいました。

千尋のモデルとなった少女も「小さな友人」の一人です。

映画の舞台は厳しくも美しい世界の中で時には笑い時には奮闘する姿が映し出されています。

宮崎監督はそんな世界について「この世界がどんなに豊かで、たくさんの可能性があるかを描きたかった」とコメントしています。

また、本作については、「僕は彼女たちに『大丈夫、あなたはちゃんとやっていける』と本気で伝えたくてこの映画を作ったつもりです」とコメントしています。

千と千尋の神隠しのストーリーおさらい

千尋とその両親は車で引っ越し先に向かっている途中不思議なトンネルを通り抜けると神々の世界に迷い込み、それを知らずに置かれている食べ物を食べた両親が豚の姿に変えられてしまいます。

両親の場所から逃げた千尋は謎の少年ハクの助けもあり、油屋で湯婆婆に働かせてくださいと頼み、その契約として千尋の名前を奪い、千という名前で働くことになる。

不気味な顔をしたカオナシが油屋に侵入し砂金をだしてくれるため皆もカオナシをもてなします。

一方ハクは湯婆婆の言いつけで銭婆の元から契約印を盗み出しますが、契約印にかかっていた魔法のせいで大けがを負います。

千尋はハクを救うために動き出しますが、その道中カオナシを拒絶したため、起こったカオナシは保管従業員を飲み込みます。

しかし、千尋の機転でカオナシは従業員を吐き出しておとなしくなり、ハクを救うためにティロとともに銭婆の元へ向かいます。

何とかハクを助けた千尋そして千尋はハクの本当の名前を思い出させるのでした。

二人は油屋に戻り、湯婆婆との交渉の末豚たちの中から本物の両親を見つけられれば元の世界に返してもらうことになりました。

そこで千尋は正解である「この中に両親はいない」と宣言し、ハクといつか再開する約束をして元の世界に両親とともに帰ってゆくのでした。

豚に変えられた両親と千尋の違いは

spirited away

この両親と千尋では大きく性格が異なるように見えます。

千尋がずっと元居た場所に戻りたがっていたり、食べ物に手を付けませんでした。

この違いはどこから来るのでしょうか?

一つの味方としては「豚を人間の欲望の象徴」とする見方です。

千尋が物語の中盤でカオナシから貰える砂金を「いらない」と言ったこ事もそれに由来します。

千尋は名前を奪われたのになぜ自由に振舞えたのか

spirited away

千尋が湯婆婆の所で契約書に名前を記入し、その名前が湯婆婆の手に吸い込まれ、「今日からお前は千だよ」といわれるのは有名な場面です。

実はその時の名前が間違っていたというのは有名なエピソードです。

それがなぜなのかは正確には分かっていません。

名前を取られると元の世界に戻れないということを知っていたという説もありますが、

その後にハクから「本当の名前は隠しておくんだよ。」と言われているので契約書を描いているときには知らなかったと考えるのが妥当です。

そのため単純に緊張から間違えたことが命拾いをしたのではないかというのがまだ理解できる説だと思います。

監督も「言葉の力が軽んじられている現代において、『言葉は意志であり、自分であり、力』である」とコメントしており、本作のテーマの一つとして掲げています。

千と千尋の神隠しのカオナシの正体は?

spirited away

カオナシが他のキャラクターと大きく異なるポイントは”言葉を話せない”、言葉を発するためには他の誰かを取り込んでその声を借りなければいけないということです。

この特徴を考えるとカオナシは自我を持たない、もしくは自我を無くしたキャラクター(神様??)だと考えられます。言葉の影響力の大きなこの世界で声を出すことができない。

つまり自分の意思を持てない存在だということを示しているのでしょうか。

宮崎監督もカオナシについては「現代の若者をイメージした」とコメントを残しています。

他にも「ああいう誰かとくっつきたいけれど自分がいない人はどこにでもいると思いますけどね」とも発言しています。

千尋はなぜ両親がいないことを見抜けたのか?

湯婆婆の試練の豚になった両親がこの場にいないことはどうしてわかったのでしょうか?

この説は確たる証拠がないため様々な説が飛び交っています。

そのうちの一つが「千尋が自分が誰なのかを忘れなかったため、湯婆婆の完全な支配下にいなかったため、意地悪な問題に対しても真実を見抜く力が発揮された」というものがあります。

その点で油屋で名前を書くときに間違った名前を書いていたことがここで生きてきています。

元に戻った千尋とハクは再度出会えたのか?

spirited away

元の世界に帰ることは同時にハクとの別れを意味します。

トンネルの前でハクと千尋は「きっとまた会える。」と約束を交わし別れています。

その後のハクはどうなったのでしょうか?

当時の公式サイトにも疑問が投げかけられ、ファンの間で指示された意見が「世界のルールに従い、八つ裂きにされた」というものでした。

千尋を元の世界に戻すときに湯婆婆がハクに「八つ裂きにされてもいいんだね?」と言われており、それが実行されたのだという説です。

宮崎監督自身も「2人の永遠の別れ」と表現しており、その説は有力であると思います。

しかし、別れ際に千尋の「きっとまた会える?」という問いに対し「うん。きっと」と答えており、その言葉が現実になる可能性も否定できません。

見方によって解釈が変わる映画

千と千尋の神隠しは見方や見る人によって様々な解釈の仕方があり、もう一度見直してみるのもいいですし、複数人で一緒に見て色々考察を語るというのも面白いかもしれません。