ジブリ|親子の確執や原作者との戦いでもあったゲド戦記

gedosenki

宮崎駿の息子である宮崎吾朗が監督を務めたゲド戦記。

映画とは異なる部分での親子での確執や原作者からのコメントなど、内容とは異なる部分でも話題を呼んでいました。

本記事では映画公開に至るまでの経緯やなぜか低評価が多いのはなぜなのか?について出来るだけネタバレにならないように解説します。

ゲド戦記|映画化に至るまでの曲折

ゲド戦記は古くから宮崎駿がファンであり、ジブリの多くの作品にその影響はでています。

ジブリの映画「風の谷のナウシカ」(1984年当時)の映画化以前に宮崎駿は何度も映画化を望んでおり、打診もしていたが、原作者のル=グリンはアニメ化には否定的な考えを持っており、「アニメとはディズニーのようなものだ」との発言もしており、1990年に再度オファーを出しいているが、それも断られています。

2003年にゲド戦記の全ての翻訳を終えた清水真砂子さんが原作者と面会し、『となりのトトロ』などの宮崎作品に対し「ジブリ作品は、私の作品の方向性と同じ」と気に入っていることを述べた上で、「もし(原作者である)私の作品を映像化するとしたら、OKを出せるのはあの人だけ」と発言。

清水は彼女に宮崎駿に伝えていいのか念押しし、後日スタジオジブリにそのメッセージを伝えた。

宮崎駿は 「これが20年前なら、すぐにでも飛びついたのに……。」と戸惑ったが、「ハウルの動く城」を製作中だったこと、および「これまでの自分の作品で既に『ゲド戦記』の要素を取り入れて作ってきたから、今更できない」として、監督を断っている。

しかし、本作の映画化をあきらめきれなかった宮崎駿はジブリ内で「ゲド戦記」の映画化ができるかの研究室を立ち上げます。

その中の若手の有望アニメータとして宮崎の息子の宮崎吾郎が名前を連ねます。

当時はジブリの美術館長としての参加だったが、徐々に研究室の中心人物となり、宮崎吾郎の監督で映画化を行おうと当時のプロデューサー等が推薦した。当時のインタビューでは「前提としてジブリの今後を考え、当の鈴木を含め駿や高畑勲が高齢であるため」と述べ、将来のジブリに向けた試金石だったのではないかと言われています。

ただ、現場のゼンスタッフより「宮崎駿の息子というだけでなぜ監督なのか」という相当に強い反発があったといわれています。

そこで宮崎吾郎は絵コンテやレイアウトなどを書きつつ、色々なスタッフと連携し、自身の能力を証明しスタッフと溶け込んでいった。

また、宮崎吾郎が制作の素人であったことが逆に新たな方法論や発想が生まれ、スタッフも自由な仕事ができるようになったなど、「ジブリのスタッフが持つ感性と力がうまく引き出された」と鈴木敏夫は答えている。

宮崎吾郎が監督に決まった後の宮崎駿との確執

宮崎吾郎(以下吾郎)が監督に決まってから宮崎駿は「あいつに監督ができるわけがないだろう。

絵だって描けるはずがないし、もっと言えば、何も分かっていないやつなんだ」と語っている。

まず宮崎駿を納得させるために鈴木は吾郎にイメージ画を書いてもらい、その絵を宮崎駿に見せると、唸り黙ってしまったという。

そして吾朗に「お前、本当にやれるのか?」と3日に渡って何度も問いただしたが、それでも吾朗は監督をやると返答し続け、そして宮崎駿はようやく吾朗が監督するのを了承したといわれています。

ジブリの中では評価の低い本作の要因

数々あるジブリの映画のなかで評価が低く思われている本作ですが、なぜそのような評価になるのかについて解説をしていきます。

・ジブリのアニメには元々ゲド戦記のエッセンスがたくさん含まれている

宮崎駿も以前語っていましたが、ジブリのアニメにはゲド戦記の要素を参考にしているものがあるため、見ている人がゲド戦記以外のイメージに引っ張られている可能性があると思います。

感じ方は人それぞれですが、大賢者ゲド=ハイタカは「風の谷のナウシカ」にでているユバに似ていたり、「もののけ姫」にでてきたジコ坊にそっくりな方も登場しています。

・参考とする原作が2つあった?

本作はタイトルは「ゲド戦記」の第3巻の「さいはての島へ」を原作として作られているが、宮崎駿の絵物語「シュナの旅」を原案として、そこから吾郎がアレンジを加えたものとなっているため、

原作とも異なり、原案ともとれず、さらにアレンジが加わったことにより全てのいいところ取りをすることが難しかったのではないかと思います。

・初監督作品として考えれば良い出来ではないか??

ジブリのアニメーションとしての評価は低いかもしれないが吾郎の初監督作品と考えた場合、公開2日間で観客動員約67万人、興行収入約9億円を記録し、最終的な興行収入の76.9億円という数字は決して低い数字とはいえないものだとおもいます。

ちなみに2006年の方が興行収入は1位でした。

ゲド戦記|受賞一覧

第30回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞

第3回文春きいちご賞 第1位

第3回蛇いちご賞 作品賞

映画芸術 2006年ワーストテン 第1位