Amazonのサイトデザインについて

Amazon(アマゾン)のページは何がいいのか

誰もが一度は使ったことがあるであろうAmazonのウェブサイト、実はサイト制作者が学ぶべきことが非常に多い優良サイトなんです。では、Amazonのサイトのいったいどこが良いのでしょうか?

JavaScriptによるダイナミックなコンテンツ

普段意識することはあまりないかもしれませんが、あなたが今見ているページは厳密には他の人が見てるAmazonのページとは全く異なります。

何が違うかと言うと、おすすめ商品に出てくるアイテムや、最近の購買履歴などの表示です。これは、閲覧した商品や購入した商品などの個人情報をもとに、JavaScriptで表示するコンテンツを操作しているゆえに実現できることです。

その人にだけおすすめできる商品を適切なタイミングで見せることで、さらなる購買のチャンスをゲットできるということですね。ユーザーもほしい商品の情報をゲットできるのでwin-winの関係であるといえます。

自身のwebサイトにも応用できる

JavaScriptによるダイナミックなコンテンツ制作は、実は誰でもできます。もしあなたがECサイトを運営していて、ログインしているユーザーの好みに合わせた商品をプッシュしたいのであれば、Amazonのやり方をそのまま応用することができます。

ただし、いくらか注意も必要です。楽天市場のように何でもかんでもポップアップさせてしまいページをごちゃごちゃにすると、ユーザーは混乱してしまいかえって逆効果です。あくまでもユーザーファーストを考えて、使いやすさ重視でサイトを構成しましょう。