ルパン3世のキャラクタ別名言集【待てー!そいつがルパンだー!】

ルパンの名言 ・狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大泥棒。それがこの俺、ルパン三世だ! ・人生を楽しむコツはどれだけバカなことを考えるかなんだ ・なあに、壁なんて超えるためにあるんだ。 ・貴様だけは容赦しねぇ。ワルサーは2丁いらねぇんだ。 ・あばよ~。とっつぁ~ん。 ・ふ~じこちゃ~ん。 ・俺は女のこと以外で後悔しない。 ・男はよ、女に騙されるために生きてんだ ・扉の無い金庫から盗んでもちっとも面白かねえんだ ・世界中の銀行は俺様の貯金箱 ・…世界中の誰にも俺を盗ませやしねぇ…俺を誰だと思ってんだ? ・いくら世界一の警備だって宇宙一の俺にはちょちょいのちょいよ ・ルパンの辞書に不可能は無いぜ ・わりぃな 俺には真っ当に勝つっていう美学はないんだよ 次元大介の名言 ・自分を大切にするから他人にも優しくできるんだ。 ・大人の仕事に首突っ込むな。ケガするぜ。 ・銃ってのはな。撃った数じゃねぇんだよ。 ・俺は神様が出てくる話は信用しねえことにしてるんだ ・ああいう品のない銃は趣味じゃないんでね ・鉛が食いたきゃ、そう言いな。お前の胃袋に直接ご馳走してやるからな ・俺たちの世界では、同じ腕のヤツはいらねぇんだ ・俺に言わせりゃ、“ロマン”に欠けるな。 ・チップを弾むから勇気を分けてくれねぇか ・ルパン!理屈だ!てめぇの言ってることは何もかもだ! ・組織や国に忠誠誓って何になる。人生楽しめよ。 ・駄目なんて事はねぇさ。大事に使えば一生物だ。 大切なのはメンテナンスさ。おじさんなんかもう40年も使ってんだよ。 ・俺は約束を守る男さ。 ・ルパンちゃん、DNAってなあに? ・なぁルパン、不二子との付き合い、考え直す時期にきてるんじゃねぇか?……………俺だったらそうすっけどなぁ ・俺は銃を撃つしか能がない男だ。ただ、早撃ちで俺に敵う人間はいない。 石川五右衛門の名言 ・また、つまらぬ物を斬ってしまった。 ・斬れぬものなど、我が斬鉄の剣に無い。 ・今宵の斬鉄剣は一味違うぞ。 ・峰打ちじゃ 大切にしようよ 世界遺産 字余り ・悟りとは、生涯つかみ得ぬものと心得ております。 ・某は神ではない。侍だ ・金があっての人生でござる ・ヘリコプター・羽がなければ・ただの鉄クズ…!字余り ・仲間を売るような真似をするくらいなら喜んで死ぬ ・斬るのは未熟な我が心!!! ・ひとつ晴れればまたひとつ迷いが、生きるというのはその繰り返しかと ・防弾ガラスなら斬れるが、ダイヤは斬れん ・二度とおなごの裸に惑わされぬよう修業してまいる ・某はルパンの手下ではない、仲間でも友達でもない、我らは機械が簡単にはかれる関係ではないということだ 峰不二子の名言 ・若さの秘訣教えなさいよ。 ・裏切りは女のアクセサリーよ。 ・時には味方、時には敵。恋人だったこともあったかな。 ・ごめんなさいねルパン 私の辞書にはやっぱり仲間イコールお宝ってでてたみたい ・女の子から隠し事をとったら何も残らないわあ ・棘があるから美しい花だってあるじゃない? […]

80~90年代アニメ|大人になってももう一度見たいアニメ

子供のころに毎週楽しみにテレビで見ていたアニメ。 大人になった現代ではレンタルしたり、ネットで見ることができたり見ることができる手段が沢山あります。 子供のころは楽しく見ていた作品が大人の目で見てみるとまた別の面白さが発見できる作品がおおいです。 また当時の懐かしさを確認する意味でも、当時のアニメについてそのタイトルと簡単な内容とともに紹介します。 今回の記事ではおもに1980年~1990年に放送されたものから選出します。 80~90年代おすすめアニメ 魔動王グランゾート 月旅行が当たり前になった未来。地球在住の小学5年生、遥大地は町内の福引に当選して、この夏休みは月旅行を満喫するはずだった。 しかし到着した月都市で噂の「ウサギ人間」と出逢ったことから、摩訶不思議な冒険旅行に首を突っ込んでしまうこととなる。 「ウサギ人間」とは、実は月の地下世界「ラビルーナ」に大昔から住んでいた「耳長族」と呼ばれる人間たちのこと。 大地が出逢った大魔道師のV-メイとまだ幼い少女のグリグリは、ラビルーナを支配するために異世界からやって来た「邪動族」と戦う「魔動戦士」を探すためにやって来ていたのだった。 大地、V-メイ、グリグリは旅の途中でガス、ラビの2人の魔動戦士を仲間に加え、魔動王グランゾート、ウインザート、アクアビートを駆り地下世界ラビルーナを平和に導きながら聖地ルナを目指して旅を続ける。 そんな彼らの前に立ちふさがるのは、邪動族を束ねるアグラマントとその3人の部下、シャマン、エヌマ、ナブー。 彼らは光の3魔動王と対を成す「闇の9邪動神」、そして彼らに与するマッドサイエンティスト「ドクターバイブル」が作り上げた3体の邪動王を操り、大地たちを抹殺するべく幾度となく行く手を阻む。 名探偵ホームズ 言わずと知れた名探偵ホームズのアニメですが、全てのキャラクタが擬人化されています。 基本的にはホームズとモリアーティ教授とで繰り広げられる活躍がメインとなっています。 作風もライトな感じとなり大人から子供まで楽しめる作品となっています。 また、作品内はモリアーティの発明品として多数のメカが登場するのも本作の未勅の一つとなっています。 COWBOY BEBOP(カウボーイビバップ) 位相差空間ゲートによって短時間で惑星を航行できるようになり、宇宙時代を迎えていた未来の太陽系。 賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る、通称”カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎが生業のスパイクとジェットは元マフィアと元警官。 記憶喪失の上に莫大な借金を背負っている謎の女フェイ、野生児のような天才ハッカーのエド、人間並みの知能を持つデータ犬アインが加わって4人と1匹が惑星間航行船ビバップ号で奇妙な共同生活を送ることになる。 機動戦艦ナデシコ はじまりは・・・火星。突如、木星蜥蜴(もくせいとかげ)と呼ばれる謎の敵がユートピアコロニーを襲った。 その戦闘力は圧倒的で、火星、月の裏側を次々に制圧してゆく。 そんな時、地球の平和を守るべく(!?)民間企業ネルガルは、実験戦艦 ND-001 ナデシコの建造を終了していた。 ナデシコには技術的優位に立つ木星蜥蜴に唯一対抗できる兵器、ディストーションフィールドとグラビティブラストを装備していた。 だが、そこに集うクルーたちは、各方面からスカウトされた能力が一流なら性格は問わないという、一癖も二癖もある人物ばかり。 そんなナデシコの艦長は火星出身のミスマル・ユリカ。そして、出港間際のナデシコに、今一人、火星生まれの青年、テンカワ・アキトが偶然乗り込む。 二人は幼馴染であった。アキトは、コック見習いとして採用されたが、突然の敵襲により、機動兵器エステバリスのパイロットとして敵と戦うことになってしまった!! るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-  幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。 明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。 神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。 陣グルグル(1994年版) ジェムジャム大陸にジミナ村という小さな村があった。 そこには、伝説の魔法“グルグル”の使い手で、 ミグミグ族最後の生き残りの少女ククリと、生まれながらに勇者になることを約束された少年ニケが住んでいた。 ある日のこと。国王ウルガ13世が魔王ギリの復活を阻止するために勇者を募った。 そして勇者として認められたニケはククリと共に魔王打倒の旅を始めることになる。 やる気の無い勇者とグルグルの使いこなせないドジな魔法使い、そして愉快な精霊と変な親父の繰り広げるドタバタおとぼけ大冒険が始まるのであった。 SLAM DUNK(スラムダンク) 神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年・桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。 晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。 その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。 湘北バスケ部には、監督である安西光義のもと、主将の赤木剛憲と副主将の木暮公延らに加え、スーパールーキーといわれる流川楓らが加入。 さらに、前年度のインターハイ県予選ベスト4である陵南高校との練習試合後には、暴力事件を起こして入院をしていた宮城リョータや、バスケ部から離れていた三井寿も復帰する。 夏のインターハイ制覇を目指す湘北は神奈川県予選を順調に勝ち進み、決勝リーグへの進出を懸けてインターハイ常連校の翔陽高校と対戦し勝利する。 続く決勝リーグの初戦で「神奈川の王者」といわれる強豪校・海南大附属高校と激戦を繰り広げるも、惜敗。続いて前年度のインターハイ県予選ベスト4である武里高校と宿敵の陵南を破り準優勝。優勝した海南大附属とともにインターハイ出場を果たす。 […]

なろうアニメ|最近出てきてるなろう系アニメのおススメを紹介

平凡な主人公(多くはブラック企業に勤め、未来に希望を持てない中年男性)がひょんなことから、いきなり見知らぬ剣と魔法のファンタジーな世界に転生し、しかも前世の記憶をつかったり、通常ではありえないスキルを手にした主人公が、なんやかんや大活躍する物語(いわゆる「俺TUEEE(俺はとても強いの意味)」のアニメが最近増えています。 世界最強になり魔王のようにすべてを手に入れたり、自分の手に収まる範囲のみを守ったり、ゆったりとした日常を送ったり、様々なアニメがあります。自分の好みに合った作品をさがしてお楽しみください。 転生したらスライムだった件 突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。 意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。 出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな? そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。 異世界はスマートフォンとともに。 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。様々な人たちと出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、彼はのほほんと世界を巡っていく。 異世界食堂 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15時までのランチタイムと、午後18時から21時までのディナータイム。 定休日はオフィス街が空になる土日。 ランチは1000円まで。ライス、パンとスープはお代わり自由がこだわりといやあこだわり。 猫の看板と入り口に据え付けられた招き猫の鈴が特徴っちゃ特徴の、猫好きだったじいさんが、どっちかと言えば犬派の俺に残した小さな店。 そんな、どこにでもある普通の飯屋さ。 …ああ、たった一つだけ。他と違うところがある。 毎週土曜は、週に一度の特別な客が来る営業日になってる。 定休日じゃなかったかって?そうだよ。だから、特別な日。 毎週土曜だけ、ここは特別な客を迎えるから、表向きは休み。 じいさんが始めたことで俺も詳しいことは知らない。 けど『向こうの連中』はここのこと『異世界食堂』って呼んでるよ。 Re:ゼロから始める異世界生活 突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。 知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放り込まれた異世界で必死こいて生き抜く。 彼に与えられたたった一個の祝福は、『死んだら巻き戻ります』という痛みを伴う『死に戻り』のみ! 頼れるもののいない異世界で、いったい彼は何度死に、なにを掴み取るのか。 ソードアート・オンライン 川原礫さんによる、累計発行部数が2000万部超の人気ライトノベルを原作としたアニメシリーズ第1作。 謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン(SAO)》を舞台に、主人公・キリトの活躍が描かれる。 「世紀末オカルト学院」「僕だけがいない街」の伊藤智彦さんが監督を務め、A-1 Picturesがアニメーション制作を担当。 魔法騎士レイアース 「カードキャプターさくら」「XXXHOLiC」などで知られるマンガ制作集団・CLAMPのマンガを原作に、平野俊貴監督がアニメ化。 CLAMPのリーダーである大川七瀬さんが脚本に参加し、原作とは異なるストーリーが展開している。 異世界に導かれた3人の少女たちが魔法騎士(マジックナイト)となり、世界を救う冒険に旅立つ。 少女漫画でありながら巨大ロボットが登場するという斬新な設定が話題になった。 オーバーロード 未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。 最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバーと共に作り上げた居城の玉座に、臣下たるNPCたちにかしずかれながら座っていた。 たった1人で、もはやいないかつての仲間達を思いながら。 そしてサービスが終わり強制ログアウトが生じるその瞬間、異変が起こった。ログアウトできず、そして何より話すことの出来ないはずのNPC達がまるで生きているかのように忠誠を示しだしたのだ。 さらには外の世界は未知の世界。モモンガは混乱しながらも、絶対者(ギルドマスター)として行動を開始する。 盾の勇者の成り上がり 盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。

借り暮らしのアリエッティ |ジブリ作品

借りぐらしのアリエッティ物語のあらすじ 14歳の小人の少女・アリエッティは両親と3人、人間に見られてはいけないという掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で人間の生活品を「借り」ながら密かに慎ましく暮らしていた。 彼女が初めての「借り」を夜に控えたある日、人間の少年・翔が療養のため静かなこの屋敷へやってきた。 その夜の借りで翔に見つかり、戦利品の角砂糖も逃げる時にうっかり取り落としてしまう。 一度、翔の出方をみることにした父・ポッドと彼女だったが、母と大叔母から小人の話をよく聞かされていた翔は3人との接触を試みるようになる。 これに対しアリエッティは独断で動き網戸越しに気取られてしまうが、家族の安全のため、自分達小人と関わらないよう頼む。 そこへイタズラ者のカラスが乱入して、この騒動で家政婦のハルは翔を怪しむようになる。 その夜、翔は部屋の寝室にあるドールハウスは翔の曽祖父がこの屋敷に住んでいる小人達への贈り物として造らせた物だと知る。 一方引越し先を探しに行っていたポッドはスピラーの助けにより無事帰り、スピラーから引越し先のアテやアリエッティ達以外にも小人達が無事でいるとの報せを得る。 ポッドは、生き延びるために家人に見つかったこの家から去る決意を語る。その時彼女らの家は揺れ、歪み、見慣れたキッチンは剥がれ、換わりにドールハウスのキッチンが降って来た。 全て翔の善意によるものだったが結果として引越しは確定的となってしまう。 別れを告げるため、庭で休む翔の前に隠れることなく現れたアリエッティ。 そんな彼女に憎まれ口を叩いてしまう翔だったが、守りたかったがための自分の行いが結果として彼女の住処を壊してしまったことを詫びる。 さらに自分は心臓の病で手術を受けるのだが、きっと死ぬのだろうと彼女に告げる。 その時、翔の動向を窺っていたハルはついに小人の住処を発見し、アリエッティの母・ホミリーを誘拐すると、瓶の中に閉じ込めてしまう。 部屋に戻った翔はハルによって知らぬ間に閉じ込められてしまうが、そこへ現れたアリエッティにホミリーがいなくなったことを告げられる。 悲しむアリエッティに、翔は共にホミリーを探すことを提案する。 部屋から脱出して台所へ来た2人は、ホミリーを救出することに成功する。 その日の夜、アリエッティと両親はスピラーとの待ち合わせ場所である川へ向かう。 明け方、飼い猫のニーヤの知らせでアリエッティが川にいることを知った翔は、川へと急ぐ。 一方、ようやく川に到着したアリエッティ達は、スピラーと共に船代わりのやかんに荷物を積み始める。 そしてアリエッティは、そこへ現れた翔に別れを告げると、引っ越し先を目指して川を下っていった。 借りぐらしのアリエッティ|海外からの評価 フランスでは2011年1月12日、台湾では2011年1月14日から公開。 イギリスでは『The Borrower Arrietty』のタイトルで2011年7月29日に公開、北米では『The Secret World of Arrietty』のタイトルで2012年2月17日よりディズニー配給で公開、吹き替えもアリエッティ役をイギリス版ではシアーシャ・ローナン、北米版ではブリジット・メンドラーと別に配役がされている。 北米では当時最高だった『崖の上のポニョ』を上回る全米1522館一斉封切りが行われ、オープニング興収640万ドル、最終的な興行収入は約1900万ドルを記録。 いずれもジブリ作品としては『崖の上のポニョ』を上回り、最高記録となっている。 監督の選出 原作の「床下の小人たち」は1952年に発表された作品でその年のカーネギー賞を受賞しました。 当時の宮崎駿と高畑の両名はアニメ化を画策します。 ですが当時はアニメ化までに話しがまとまらず。見送りをすることになるが、2006年に制作が現実のものとなる。 その際に鈴木敏夫プロデューサーは「宮崎さんが若い時に考えたんだから若い人にやらせた方がいい」と提案し、最終的には米林監督が選ばれました。 また、宮崎も米林監督の実力なら十分こたえてくれるといい、安心して監督をまかせている。 そのことは長編2作目の「思い出のマーニー」でも監督を任せるほどです。 アリエッティに続編がある?? ファンの間で噂になっている。 ジブリのアニメでのアリエッティの続編については公式に発表はされていない。 ただ、勝手に創造する人たちがいますが、大抵悲惨な結果となっているものが多いです。 例えば次の家にむかうアリエッティは今度は屋根裏に住むことになりますが、ネズミや毛虫に襲われて大変だったり、最終的に猫にさらわれてしまった。 という結末になっているものもあります。 逆に引っ越しに成功して次の家では幸せに暮らしており、翔と似たような息子ができるといった話しになっているものもあります。 それだけ感情移入しやすい作品なので原作や映画を再度楽しんでみましょう。

ジブリ|親子の確執や原作者との戦いでもあったゲド戦記

宮崎駿の息子である宮崎吾朗が監督を務めたゲド戦記。 映画とは異なる部分での親子での確執や原作者からのコメントなど、内容とは異なる部分でも話題を呼んでいました。 本記事では映画公開に至るまでの経緯やなぜか低評価が多いのはなぜなのか?について出来るだけネタバレにならないように解説します。 ゲド戦記|映画化に至るまでの曲折 ゲド戦記は古くから宮崎駿がファンであり、ジブリの多くの作品にその影響はでています。 ジブリの映画「風の谷のナウシカ」(1984年当時)の映画化以前に宮崎駿は何度も映画化を望んでおり、打診もしていたが、原作者のル=グリンはアニメ化には否定的な考えを持っており、「アニメとはディズニーのようなものだ」との発言もしており、1990年に再度オファーを出しいているが、それも断られています。 2003年にゲド戦記の全ての翻訳を終えた清水真砂子さんが原作者と面会し、『となりのトトロ』などの宮崎作品に対し「ジブリ作品は、私の作品の方向性と同じ」と気に入っていることを述べた上で、「もし(原作者である)私の作品を映像化するとしたら、OKを出せるのはあの人だけ」と発言。 清水は彼女に宮崎駿に伝えていいのか念押しし、後日スタジオジブリにそのメッセージを伝えた。 宮崎駿は 「これが20年前なら、すぐにでも飛びついたのに……。」と戸惑ったが、「ハウルの動く城」を製作中だったこと、および「これまでの自分の作品で既に『ゲド戦記』の要素を取り入れて作ってきたから、今更できない」として、監督を断っている。 しかし、本作の映画化をあきらめきれなかった宮崎駿はジブリ内で「ゲド戦記」の映画化ができるかの研究室を立ち上げます。 その中の若手の有望アニメータとして宮崎の息子の宮崎吾郎が名前を連ねます。 当時はジブリの美術館長としての参加だったが、徐々に研究室の中心人物となり、宮崎吾郎の監督で映画化を行おうと当時のプロデューサー等が推薦した。当時のインタビューでは「前提としてジブリの今後を考え、当の鈴木を含め駿や高畑勲が高齢であるため」と述べ、将来のジブリに向けた試金石だったのではないかと言われています。 ただ、現場のゼンスタッフより「宮崎駿の息子というだけでなぜ監督なのか」という相当に強い反発があったといわれています。 そこで宮崎吾郎は絵コンテやレイアウトなどを書きつつ、色々なスタッフと連携し、自身の能力を証明しスタッフと溶け込んでいった。 また、宮崎吾郎が制作の素人であったことが逆に新たな方法論や発想が生まれ、スタッフも自由な仕事ができるようになったなど、「ジブリのスタッフが持つ感性と力がうまく引き出された」と鈴木敏夫は答えている。 宮崎吾郎が監督に決まった後の宮崎駿との確執 宮崎吾郎(以下吾郎)が監督に決まってから宮崎駿は「あいつに監督ができるわけがないだろう。 絵だって描けるはずがないし、もっと言えば、何も分かっていないやつなんだ」と語っている。 まず宮崎駿を納得させるために鈴木は吾郎にイメージ画を書いてもらい、その絵を宮崎駿に見せると、唸り黙ってしまったという。 そして吾朗に「お前、本当にやれるのか?」と3日に渡って何度も問いただしたが、それでも吾朗は監督をやると返答し続け、そして宮崎駿はようやく吾朗が監督するのを了承したといわれています。 ジブリの中では評価の低い本作の要因 数々あるジブリの映画のなかで評価が低く思われている本作ですが、なぜそのような評価になるのかについて解説をしていきます。 ・ジブリのアニメには元々ゲド戦記のエッセンスがたくさん含まれている 宮崎駿も以前語っていましたが、ジブリのアニメにはゲド戦記の要素を参考にしているものがあるため、見ている人がゲド戦記以外のイメージに引っ張られている可能性があると思います。 感じ方は人それぞれですが、大賢者ゲド=ハイタカは「風の谷のナウシカ」にでているユバに似ていたり、「もののけ姫」にでてきたジコ坊にそっくりな方も登場しています。 ・参考とする原作が2つあった? 本作はタイトルは「ゲド戦記」の第3巻の「さいはての島へ」を原作として作られているが、宮崎駿の絵物語「シュナの旅」を原案として、そこから吾郎がアレンジを加えたものとなっているため、 原作とも異なり、原案ともとれず、さらにアレンジが加わったことにより全てのいいところ取りをすることが難しかったのではないかと思います。 ・初監督作品として考えれば良い出来ではないか?? ジブリのアニメーションとしての評価は低いかもしれないが吾郎の初監督作品と考えた場合、公開2日間で観客動員約67万人、興行収入約9億円を記録し、最終的な興行収入の76.9億円という数字は決して低い数字とはいえないものだとおもいます。 ちなみに2006年の方が興行収入は1位でした。 ゲド戦記|受賞一覧 第30回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞 第3回文春きいちご賞 第1位 第3回蛇いちご賞 作品賞 映画芸術 2006年ワーストテン 第1位